So-net無料ブログ作成
検索選択
調味料 ブログトップ
前の5件 | -

アトピーっ子にはアルファーリノレイン酸系の質のよい油をぜひ使ってね [調味料]

 食用油と聞いて、頭に浮かぶ油って、たぶん「大豆油」じゃないかと思います。でも我が家では、アトピーに悩まされてから、大豆を使用した食用油を調理に使わなくなりました。

 なぜなら、油って、幼児期のアトピーっ子には負荷も大きい食材なので、アトピーで大変なときは、体に負荷の少ない、質のいい油を選ぶのが一番いいと思うからです。

  044.jpg


 ですので、制限が厳密であった頃は、アトピーっ子と相性がよいとされるシソ油(えごま油)をごく少量だけ使っていましたし、少し良くなってからも、国産の菜種油や、オリーブオイルのような、大豆以外が原料の油を、ずっと使用してきました。(下のおすすめ商品の油のページも参考にして下さいね。)

 アトピーっ子には、酸化しにくい油や、α-リノレン酸を多く含む油を使うのが良いとされるので、大豆油よりも、これらの油の方が、アトピーっ子の体に合うからと言うのが、一番大きな理由ですが、安全性に不安を感じる輸入大豆から作る油を、わざわざ選んで使いたくないと言う気持ちも強いです。

 その意味でも、手に入りやすくて、普段の料理に使いやすい油として、質の良いオリーブ油や菜種油、米油などがおすすめ[るんるん]です。

 もちろん、アレルギー改善効果が期待出来るとして、積極的に摂るとよいと言われる しそ油(えごま油)や亜麻仁(アマニ)油もおすすめの油なのですが、どちらも加熱に向かないとされる油です。

 アレルギーの改善のために、大人がドレッシングなどに利用するのはよいと思うのですが、普段の加熱調理には、下のような油がおすすめですね。 

 また、体への影響力が大きい油ですから、良質の商品を買い、開封したら、酸化させないよう冷蔵庫で保管して、早目に使い切ってくださいね。


[黒ハート] 油の使い方について、さらにこちらに載せています。
 http://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22-3


加熱できるα-リノレイン酸系の油として、私はよくオリーブオイルを使っています。パン作りでも、クッキーでもバターの代わりに加えて使います。香りがなじめない方は、米油などもいいのではないかしら。インカインチオイルは、少し加熱に耐えられ、使いやすいです。おなじα-リノレイン酸系の油でも、左二つのしそ油やアマニ油は加熱できないため、そのままサラダやパンにつけて利用します。アマゾンだと、一品から送料無料で購入できますよ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ノン大豆調味料から、天然醸造調味料へ切り替えていくこと [調味料]

 食事性のアレルギーで、大豆がダメな時は、調味料もノン大豆しょうゆやみそを利用しますが、やがて大豆が食べられるようになった時に、いきなり、スーパーに並ぶ安価な一般品に切り替えるよりも、まずは、原材料や製造方法にこだわりがある しょうゆやみそを選ぶのをおすすめします。

 なぜなら

 安価な味噌やしょうゆの原材料は、輸入大豆が原材料だからです。

 輸入大豆は、長期運搬の為に施された薬品処理が気になりますし、短期間に助剤(もちろん、その中には薬品も含まれます)を使いながら即席で製造する しょうゆやみそよりも、長期熟成の昔ながらの醸造法で作られた製品の方が、味も質も、そして、体に入ってからの働きも優れているからです。

 大豆や大豆製品は、しょうゆやみそのような調味料も含めて考えると、卵や牛乳が日本の食文化として定着するずっと以前から、日本人の食を支えてきました。

 まさに日本の料理のベースとなる調味料ですから、私達の食生活の中でも、意外とたくさん使われている商品です。

 だからこそ、幼いお子さんのためには、いい物を使ってあげたいですね。

 実は、しょうゆなどは昔なら、2~3年寝かせて やっと出来上がっていたものです。もちろん、寝かせた分だけコクもうま味も深くておいしいのですが、それだけではありません。

 寝かせた期間に、酵母や乳酸菌が生きて活動していますから、ちゃんとした醸造を経て製品化された 味噌やしょうゆは、発酵食品としての価値も高いのです。

 しょうゆの選び方について、さらに詳しくこちらでも載せています。



[るんるん]ノン大豆みそを卒業したら、健康的な発酵食品である 天然醸造のみそへと切り替えていくのが、おすすめ。質の良い発酵食品を摂取することで、腸内環境を整えて、アトピーっ子がもっと元気になれますよ。

発芽キヌアみそ 500g    →    海の精 玄米味噌 1kg         
発芽キヌアみそ 500g           海の精 玄米味噌

 [かわいい] 質の良いみそへは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/index-sou-se-m.htm#3

 
 [るんるん] しょうゆも制限対応の雑穀しょうゆから、天然醸造ものへと切り替えてゆまといいですよ。国産大豆や有機栽培大豆の製品なら、さらによいと思います。

 キヌアしょうゆ 300ml  →    フンドーキン 有機栽培 丸大豆醤油 濃口 720ml
キヌアしょうゆ             フンドーキン 有機栽培 丸大豆醤油 濃口

 [かわいい] その他の天然醸造のしょうゆへはこちらから
http://yoikomap.client.jp/index-11.htm

ノン大豆みそ    制限食対応しょうゆ     食用油へはこちらから


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

料理には、自然塩を使ってみませんか? [調味料]

 塩には、いろんな種類がありますが、意識して購入されていますか?

 例えば、普段ご家庭にある塩は、サラサラですか?それとも、しっとり固まったようなお塩ですか?

 調理の時に、さっと取り出して、パラパラふりかけて便利に使える塩は、昔からの製造法で作られたものではなく、化学合成の塩。

 「イオン交換法」という製法によって作られた化学塩(通称、食塩)が多いと思います。

 この食塩と区別して選んで欲しいのが、ネットでもご紹介している自然塩(国内で昔ながらの方法で生産される塩。)や、再生天然塩(海外から、天日干し海塩や、岩塩をそのまま輸入して、日本で精製した塩。)です。

 前者と後者が一番違うのは、食塩が「にがり」をほとんど含まない塩なのに対し、後者、特に自然塩は、にがりをたくさん含むので、ミネラル成分が、調理のおいしさに絶妙なうま味を添えると言う部分です。

 特に、漬け物などを作るときには、にがりが酵素の働きを助けて、よりおいしく仕上げることが出来るそうです。

 にがりと言えば、アトピーにも効果的な健康食材として わざわざ飲むことさえはやりましたが、そんなに無理やり にがりを大量に摂取すれば、内臓に負担をかけてしまいます。それよりも、昔ながらの自然塩で、健康的に にがり成分を毎日少しずつ摂取してみませんか。

 パラパラでサラサラな塩になれていると、ベタッとした湿気を含む物も多い自然塩は扱いにくいと思うかもしれませんが、そのうち慣れますよ。

 慣れてしまえば、なぜあんな風に不自然な化学塩を使っていたのだろうかと、かえって不思議に感じるはずです。もちろん、健康と言う意味でも、適量を利用する自然塩がおすすめですよ。


 宮古島雪塩120g         キパワーソルト 250g
宮古島雪塩                キパワーソルト   
日本各地で塩は製造されていますが、ミネラル分がバランス良く含まれている沖縄塩は特に人気です。

[るんるん] その他の自然塩へはこちらから
 http://yoikomap.client.jp/index-sio.htm

[かわいい] 「アトピーっ子向けに、塩の使い方あれこれ」に続きます。 
http://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2009-06-01-1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

アトピーっ子向けに、塩の使い方あれこれ [調味料]

 「我が家では調理に、自然塩を使っています」・・・と言う前回の話の続きです。

 料理の仕上げに、ほんの一つまみをパラバラと使って味を調える場合もありますが、漬け物や野菜のアク出し用に大量に使う場合もありますので、全てを一種類の塩で済まさずに、値段のいい良質な塩と、安いけど、そこそこの品質で気軽に使える塩の二種類を買い、調理によって、使い分けています。

 元々、日本食の世界では、味を濃く付けるよりも、素材の良さを引き出す調理を心がけますから、塩が果たす役割は大きいと言えますが、制限があるアトピークッキングでも、それは同様で、調味料がいろいろ使えなかったりする分だけ、シンプルな味付けも多いから、塩って意外と大切な役割を持つ調味料の一つなのです。

 サラサラした合成の塩になれていると、しっとりしたタイプの塩は、使いにくいと感じるかもしれませんが、にがりを含む これらこそが漬け物にも合う、本来の塩の味です。ぜひ試してみてね。

 また、食べる物に制限があって、味付けがままならない場合も、ある程度値段が良い塩を使うことで、素材のうま味を引き立て、少しでもおいしく食べさせてあげてください。

 また、余談ではありますが、調理以外の場面でも、塩はアトピーっ子にとって、いろいろ活用出来る便利な素材なんです。

 例えば、入浴時に一つまみの自然塩を加えることで、湯のあたりをまろやかにし、肌への刺激を減らす働きもありますし、暑くなる季節には、塩を、ベビーバスに少し多めに溶いて行水することで、海水浴代わりにも使えます。(ただし、言葉を持たない赤ちゃんの場合は、意思表示が出来ないため、適切な塩の加減がわかりにくいので、こちらは、ちゃんとお話しの出来る幼児さん向けの使い方です。)

 肌が荒れている時は、海水はひどく染みるため、ほどほどの濃度にしてあげる必要はありますが、塩を含む水で行水すれば、肌を殺菌してあせも対策にもなるんです。

 どちらの使い方も、高い塩を使う必要もないため、ほどほどの単価の自然塩を利用されると、いいですよ。

 また、香料や着色料などの添加物を含まない、純粋な塩成分のバスソルトなども、やはり塩の活用としておすすめです。

 こんな風に、塩って、アトピーっ子の為の料理や、お肌の健康のためにとっても役立つ素材なので、上手に使い分けて活用してみて下さいね。


自然海塩 海の精 高い←  自然塩  →手頃な 赤穂塩 あらじお 1kg
自然海塩 海の精                         赤穂塩 あらじお 1k
マクロビオティックの世界でもよく使われる「海の精」は、なめて違いを感じるおいしいお塩です。素材のうま味を引き立ててくれるから、少量を効果的に使うといいですね。赤穂塩は、手軽な値段で使いやすいお塩です。アク出しや漬け物など、気軽に使えます。

[るんるん] その他の自然塩へは、こちらから
http://yoikomap.client.jp/index-sio.htm

 また、調味料に制限が多いお子さんにおすすめのもう一つの塩として、塩とハーブがブレンドされた調味塩があります。洋食向きではありますが、これを使うだけで、おいしく食べられるから便利ですよ。 こちらから 調理塩







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドレッシングや、つゆ、タレ類を止めて、本物志向の調味料に切り替えてみませんか? [調味料]

 食事性のアレルギーで制限が付くまでは、我が家には調味料やドレッシング、タレ類などがやたらとたくさんありました。

 でも、今は、その当時の1/5くらいしか使っていないんじゃないかなぁ。

 と言うのも、制限をきっかけに、調味料類を買う前に、裏の原材料表をみるというクセが付いたからです。

 すると、原材料がシンプルでない調味料は、牛由来のエキス、鶏由来のエキス、牡蠣由来のエキスなど、「アレルゲンにつながるのかな・・・?」と、判断に迷う食材や食品添加物がいろいろ入っているのに気づかされ、買い控えるようになりました。

 特に、複雑なうま味を求められる中華系の素、例えば、チャーハンや麻婆、チンジャオロースなどの原材料表は、たくさんの素材や添加物が含まれていて、大変に複雑です。

 これらの商品は、材料を炒める程度で手軽に作れるのがウリですが、本格的な香りやうまみを求めなくていいのなら、和の調味料を何種類か使えば、たいてい似た味は作れてしまいますよ。

 例えば、我が家のアトピーっ子向け調理の基本は、旬の素材を活用しながら作る和食ですので、普段よく料理に使っている調味料と言えば、塩、しょうゆ、砂糖、みりん、酢、酒、味噌、油くらいですが、豆板醤やコチジャンは、全てみそ&しょうゆで代用するなどすれば、OK。

 中国の有名な香辛料の「八角」の香りは、幼い子の食卓にはなくても良いものだと考えたら、不要・・・・となると、特別な調味料やインスタントの素を使わずに、いつもの使い慣れた調味料で作れてしまうのです。(メルマガでも、いつもの和の調味料で、全てこれらを作ってご紹介しています。)

 しかも、これらの調味料に含まれるアミノ酸などのうま味調味料をはじめとする、食品添加物を全てカット出来るから、アトピーっ子には絶対おすすめですよ。
 
 さらに

 アトピーっ子のために、調味料にこだわりを持てば、さらにおいしく調理出来ますよ。

 一般的なレシピ本では、実にたくさんの種類の調味料を、複雑に使い分けながら調理している場合がありますが、そんなに使わなくても、製造方法や原料にこだわったちゃんとした調味料、を使うなら、それぞれのうま味が濃いから、料理は十分おいしく食べられるのを感じます。

 何より、本物志向の調味料は、添加物が少なくて、安全性も高いので、制限がある子に、安心です。

 ちゃんとした原材料を使い、時間をかけた熟成する調味料は、やはり値段も割高になりますが、もし今、ドレッシングや、つゆ、タレ類を使っていらっしゃるなら、これらを止めて切り替えれば、案外、家計には響かないし、割安なんですよ。

 不必要な加工品を、できるだけ使わずに作る、こだわりのある調味料を使って、安心・安全な献立を作ってみませんか? 



マルシマ 有機杉樽しょうゆ 濃口 900ml ←有機栽培ものは、やや高め     丸島 濃口醤油 900ml 
マルシマ 有機杉樽しょうゆ 濃口 人気商品!          濃口醤油 900ml

質のいい調味料として、味の違いが一番よくわかるのは、しょうゆではないかと思います。指先につけてなめてみると、コクや香りが全然違うから、少し使うだけで、味が引き立ちます。
有機栽培商品を、ちょっと高いなと感じる場合は、2年ぐらい寝かせた商品を試しに使ってみて下さい。無添加ものは、これから夏にかけては、開封後に常温が長いと、カビが出やすい為、冷蔵庫に入るサイズで買うのもおすすめ。

[るんるん] その他のしょうゆ製品へはこちらから。選び方についても、より詳しく載せています。
http://yoikomap.client.jp/index-11.htm




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 調味料 ブログトップ