So-net無料ブログ作成
検索選択
食の安全 ブログトップ
前の5件 | -

サプリメント=食品添加物でもあるという意識は大事だと思う [食の安全]

 アメリカのスーパースター マイケル・ジャクソンが亡くなったニュースは、私にとっても衝撃でした。

 そこでついつい、その後のWebニュースをチェックしてしまうのですが、

 胃の中は空っぽで、サプリメント、あるいは、常備薬だけが残っていた。

 ・・・と、読んだ時には、「なんでそんなに哀しい最後を・・・おいしいご飯を食べさせてあげたかったな」と、日本の母的な発想で、一番に思ってしまいました。

 でも、その一方で、頭の片隅に、「アメリカ人は、すごくサプリメントが好きで、日常的にたくさん利用している」という話を以前人から聞いたのも頭をかすめたので、もしかしたら、マイケルが栄養的に一番優れていると考えていたのは、私達が気分次第で作る普段の献立よりも、『mg単位で、どのくらいの種類の栄養が体内に入ったのかが計算出来る、サプリメント類』であったのかもしれないな、・・・・と、ふと思いました。

 私は、栄養って、食素材を調理していただく、俗に言う料理から摂るもので、バランスよく食べるのが一番いいんだと、子供の頃から教えてもらい、今は、住んでいる地域で取れる、旬の食材を、おもに和食に調理して食べれば間違いない(俗に言う、身土不二の考えかたです。)のではないかと思っているのですが、最近では、『料理からだと栄養がきちんと摂れないから、子供の食事にサプリメントもプラスするのは当たり前』と考えている若いママも多いんだそうですね。

 確かに、何をどう料理したらバランスよく食べられるのかに自信がない料理初心者の時には、少しでも栄養を摂らせなくちゃと気をもみますから、子供にもサプリメントを摂らせたいと考えてしまう気持ちもわかるのですが、


 サプリメント=化学合成の過程を経て製造される薬品の一つです。

 しかも、アトピーっ子にとっては、

 隠れアレルゲンが含まれていても見つけにくい食品の一つでもあります。


 化学合成されて作られる成分は、合成する過程で、いろんな薬品を利用しながら、成分を抽出されていますし、食品を加工して作る場合も、その食品が どの程度質が良くて、しかも国産か外国産かを、私達は知りません。

 無農薬を選んで野菜を買ったり、国産の作物を選ぶよう心がけている方であっても、サプリの原材料には、以外と無関心です。

 また製造過程で利用された素材に、例えアレルゲンが含まれていても、私達は知る事が出きません。

 さらに、主成分の他に、着色や香料をはじめとする食品添加物もサプリは含んでいますが、これらにアレルギーを起こしていても、余りにたくさん混合されすぎているので、何が悪いのかが、よくわからないのです。


 そんな事をいろいろ考えたら、「カルシウムがあと少し足りないのでは・・・」と、不安に駆られて、サプリメントに依存するよりも、幼い時ほど安全性の高い、質の良い食材を自分で見極めて買い、シンプルな調味料で食べさせた方が安心 [るんるん]

 多少は、料理の腕の善し悪しで、同じものの ぱっかり食いがあったりもするかもしれませんが、食べ物で摂っている以上は、多少足りなかったり摂りすぎたくらいの事で、成長に支障が出るほど、人の体はヤワではないですよ。

 高価なサプリメントを、バランス良く食べていたのかもしれないマイケルよりも、お腹いっぱいママの手料理を食べさせてもらっているお子さんの方が、きっとはるかに幸せじゃないかしらね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桃はアレルギーを起こしやすい果物。気をつけて食べたいですね。 [食の安全]

 私の大好きな果物の一つ「桃」が、店頭に並ぶようになりました。

 でも桃って、食品への表示が義務付けられている5大アレルゲン(卵、牛乳、小麦、そば、落花生)に続いて、アレルギー物質として表示が勧められている20品目の一つに含まれていると言うのはご存じでしょうか?    

 
 桃は、甘くて柔らかいから、虫も付きやすい。

 だから、どうしても殺虫剤(農薬)の散布回数が多くなってしまう果物の一つじゃないかと思います。

 そんな事情もあるから、アレルギーを起こす人が多いのかもしれませんね。


 m_IMGP89421.jpg
 実は、今が旬のスモモも、桃と一緒の、「バラ科 、サクラ属 」の果物です


私も一時期は、アレルギーを起こしやすい作物は、絶対食べない!・・・ようにしていた時期もあったのですが、今の私は、

  「農薬をいっぱい使っていると知った上で、それでも、好きなものだから食べたい」 ・・・と考え方を変えました。

 普段、農薬に気を付けながら生活しているのだから、少しくらい桃を食べても、体内への薬品の摂取は、±ゼロになるから、我慢し過ぎなくてもいいじゃないか・・・と、思うのです。

 逆に言えば、好きな桃を心おきなく食べたいから、普段は、食の安全に気を配っている。

  ・・・とも言えるかも。


  しかも


  食べると言っても、旬のひと月程度の期間だけ。


  どこにこだわり、どこでゆるめるか、食の安心安全に関する考え方は、十人十色あっていいんじゃないかなぁ。

    でも、幼いお子さんがはじめて食べるのでしたら、話は別です。


  まずはぜひ、少量の一口から。


  もし一口がOKでも、食べ過ぎや、連日の続け食べは禁物!

  幼い時期ほど過敏になりやすいから、1/4個(幼児でも、1/2個)を、たまに食べれば、十分だと思います。

  また、かぷりつくような食べ方は、口のまわりに果汁が着いてかぶれやすいので、NG!

  小さめの一口に切って、必ずスプーンで口に入れてあげます。

  「のどが変」とか「舌がピリピリする」などの違和感を訴えたり、のどのまわりに手をやるような仕草で、異常を訴えていないかを、しばらく観察してみて下さいね。

  さらに、煮たり、蒸したり(レンジしたり)して、生で食べずに、少し火を通してから食べるくらいに用心してはじめは食べさせれば、より安心です。

  せっかくの旬の桃だから、おいしく安心な方法で味わって下さいね。


 [ー(長音記号2)] 桃とアレルギーについては、こんな記事もUPしています。
  桃、ビワ、サクランボなど、花粉症に関係する果物は、食べ方も大切です

にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブロ グ村
ランキングに参加しています。ポチしていただけると、励みになります。



 乾麺は、買い物に出にくい子育て主婦の見方です。制限がある人は、米麺や雑穀麺を利用するといいですよ。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

種なしぶどうって、安全なの?それとも?? [食の安全]

 夏 真っ盛り!夏は国産果物も、いろんな種類が出回っているから、アトピーっ子のおやつに利用するのもいいですよね。

 ところで、ぶどうもこれからが旬の果物です。

 最近は、真冬でもコールマンのような温室ぶどうが出回っていますが、これは果肉も固くて、甘味も今一つ。

 やっぱり、旬のこれから秋にかけて食べるぶどうが一番おいしいし、使われている薬品の使用量も少なくていいのではないかと思います。


 ちなみに

 「デラウエア」や「ピオーネ」などに代表される、「種なしぶどう」ですが、実は


「種なし」という品種があるのではなく、植物ホルモンの一種である「ジベレリン」に、花穂を浸すことで、わざと種ができないようにしている


と言うのはご存じでしたか?


 ただし


 植物ホルモンと環境ホルモンとは、全く別のものらしいのですが、分類としては、
植物成長調整剤と呼ばれる農薬です。


 ジベレリンは、もともと植物の中にある成分なので、人体に害はないと言われる一方で、


 自然の成分ではなく、合成されている薬品だから、天然の成分とは、話は別

・・・という意見もあり、発ガン性は指摘されているものの、人体への影響の有無については、今のところ白黒はっきりついていない薬品のようです。



 ぶどうの世界は今、種なしが大人気ですが、こんな話を聞くと、ちょっと考えてしまいますね。



 さて、こんな時、あなたならどうされますか



 私は、安全性について自信を持てない、疑問が残るなと感じたら、食物にアレルギー反応が起きにくくなる 時期(個人差はありますが、2、3歳くらい)までは食べさせない、と言う方針で食べ物を選んできました。


 だから


 わざわざ種なしぶどうは買おうとは思わないし、もし、いただいても、子供が幼いうちは、大人だけで食べました。


 子供は?・・・と言うと、種のあるぶどうを別に買って食べさせたり、他の果物を代わりに食べれば済みますしね。


 もちろん

 幼い子供は、食べ物に強い執着心をみせますが「○○ちゃんには、別のいいのがあるよ」と言う言葉に、コロッとダマされるのも確かで、それで納得させるかどうかは、親の話し方次第だと思います。


 「○○ちゃんは まだ小さいから、こっちのを食べようね。おいしいよぉ」と、親がニコッと笑えば、チョロイもんです。(←いや、「ぼくはこっちがいい!」と、手強い子もいますが・・・(^_^;)>



 ・・・で、小学校くらいになったら、いつまでもそうは出来ないので、一緒に食べます。



 この頃には、内蔵の機能も整っていますので、体内に異物が入っても、ある程度は 体外へきちんと排出されるハズですから、幼児期ほど心配しなくても大丈夫じゃないかと思うのです。



 夫やジジババと、子供の食べ物での方針(食育も)で、いろいろ衝突があってつらいというご家庭なら、


 「最近は、偽装された表示も多いので、(毒物を体外に出す働きが弱くて、)毒物が体内に残留しやすい幼いうちだけは、安心のために食べるものには こだわりたい!」


 と、トラブルの際には、話してみられてはいかがでしょうか。

 
 確かに、理由もなく安い商品には、偽装があると、子供のために疑う用心は、今の日本の食品界ならあると思いますよ。


 幼い時に、怪しい食材から、肝臓にダメージを受けてしまえば、その後の健康問題は、アトピー症状以上に深刻ですものね。



 少し話がそれました。


 薬品に漬けることで「種なし」になっていた種なしぶどうについて、今回は載せましたが、読んでご覧になって、安全性について、あなたはシロだと思われましたか?それとも、クロ?


 食の安全について、どこまでこだわるのか・・・と言うのは、本当に難しいですね。参考になればと思います。  





食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

  • 作者: 安部 司
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


食品添加物の入門編として、この方の本は、おもしろかったですよ。おすすめです。


[るんるん]アトピーっ子にアトピーっ子に食べて欲しい料理や、アレルギーがあっても快適にやり過ごすための生活の中でのアドバイスを掲載した無料メルマガを、まぐまぐさんから発行しています。

 内容については、下のフォームよりご覧になれますし、下のページには、見本誌もUPしていますので、ご覧になってみて下さい。    こちらから  http://yoikomap.blog10.fc2.com/

   

 もちろん!登録は無料ですので、よろしければこちらのフォームよりご登録下さいね。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

食の安心を求めて、国産の作物を食べることって、自給率を上げる事にもつながる [食の安全]

 メルマガの中では、安い輸入食材よりも、国産の作物から まず選んで利用し、食の安全にも気を配ろうねと、折に触れて、素材選びの注をつけながら掲載しています。

 それは、一般的には、遠く外国から時間をかけて運ばれる作物には、ポストハーベスト(収穫後農薬)やくんじょう処理(外国から持ち込まれる害虫を駆除するための薬品処理) が欠かせないから。

 幼いアトピーっ子がアレルギーを起こす一因には、化学物質による食べ物の汚染もやはり大きく関わっていると思われるので、単に、アレルゲンでない食べ物を選べば良いと言うだけではなく、安心して食べられる食材選びをするのも、欠かせないポイントだと思いますよ。


 ところで、そんな輸入食材がらみで、ちょっと気になる記事が二つも、きょうの新聞に載っていましたので、二回に分けてご紹介しますね。


 一つ目は、食品自給率の微増です。


 これまで日本の自給率は、40%でしたが、今回、41%となりました。

 これには、経済危機による買い控えで、消費そのものが減ったからという理由もあるそうなので、手放しでは喜べないのですが、大豆やサトウキビの国内生産は増えて来たのは確かなようです。


 とっても、いいことですね~。 [わーい(嬉しい顔)]


 そう言えば、去年、中国製品がバッシングを受けたら、それまで値段が高くて、あまり店舗に出回っていなかった国産の作物が、当たり前の顔をして スーパーの棚に並んでいるのには驚かされました。


 例えば、国産ニンニク。

 それまで、売り場で見かける機会が少なく、あっても片隅に少し置かれていただけだったのですが、今ではこの国産ニンニクの方が当たり前のように並べ方られています。

 また、国内ではほとんど栽培されていないはずの国産キクラゲが出回っていてびっくりしたこともあります。




 消費者が求めるから、国産の作物が生み出される。


 安心して食べられる国産の作物を何とか手に入れたい!・・・と、苦心した時期が私にはありますので、国産をみんなが選んでくれるのは、万々歳です!


 一時期のブームで終わらず、みんなでずっと買い続けて、日本の農業を守って欲しいなぁと、心から思います。


img0431.jpg
ダブルクリックで鮮明になります。[グッド(上向き矢印)]



にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチしていただけると励みになります。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

合成着色か、はたまた、天然着色か・・・添加物が気になり始めると、かき氷って悩ましい [食の安全]

 アレルギーがあるうちの子供達のために、食べ物の安全性についても気にかけてあげるようになったら、着色料 と呼ばれる食品添加物も、やはり気になってくるようになりました。

 夏の場合は、かき氷で悩みますね。

 夏のイベントや遊園地に行くと、たいていかき氷も売られていて、レモン、イチゴ、メロンなどと、果物の名前が付いている鮮やかな色のシロップが定番ですが、あれはもちろん、果物とは何の関係のない、色と香りを付けただけの無果汁の甘いシロップです。


 でも、アトピーをきっかけに、食品添加物について少しかじったら、どうも私には抵抗がありますねぇ

 例えばイチゴ味の赤い色が、赤色102号のように番号で書かれていたら、それは合成着色料で、石油が原材料です。

 
 一度知ってしまうと、「う~ん、これが石油かぁ」・・・と、食べるたび気になりませんか?

 その中には、黄色 4号と呼ばれる合成着色料 タートラジンがあり、これがレモン味のシロップなどに使われているのですが、実は、アレルギーを引き起こしやすい物質として知られています。

 しかも、黄色だけでなく、青と掛け合わせて出来る、緑もやはり黄色 4号が使われていることがあるわけで、メロンもやっぱりタートラジンかなぁ?・・・と、つい気になってしまいます。

 ところが


 着色料と言えば、他にも、天然着色料と呼ばれる食品添加物があります。


 でも、天然だからと言って、名前どおり安心して使える食品添加物なのか?と言うと、これも素材によっては、う~~~ん [ふらふら]・・・なのです。



 例えば、ソーセージなどには、コチニールと呼ばれる着色料がよく使われていますが、実はこれ、虫が原材料です。虫をつぶした赤い汁・・・ですね。ほらほら、「う~ん」。。。でしょ?

 もちろん、紫いもやトマトなど、普段、食品として食べている素材が着色料として書かれている時は、ちょっとホッとさせられますが、それでも、添加物として使用するために、食べる時よりも、かなり大量に使わないと濃い色にならないようなので、そんなにたくさんの色素成分を摂取して安全なのか?と言う問題もあるようです。


 また、

 知らないうちに、濃縮された素材の成分を大量に摂取することになるから、アレルギー的には大丈夫なの?・・・・を考えると、天然系だから安心!と、手放しで考えてもイケナイようです。


 だから


 子供に「かき氷食べたい!」と、外出先で ねだられるたび、

 「うちの子は、着色料にアレルギーはなさそうだから、欲しがるだけ食べさせてやりたい

 と思う親心と、

 「体を冷やす食べ物だし、おまけに、あんなどぎつい色に着色しただけの色水を、わざわざお金を払ってまで食べさせたくない」


 と思う気持ちが複雑に胸の中をザワザワ駆けめぐり、食べ物での制限がなくなった今も、とっても複雑な気分になります。


 そこで

 「じゃあ、みぞれならいいよ」

 なんて、まずはジャブを出す気持ちで言ってみるのだけど、途端に子供の顔が曇るんです。

 だって子供は、果汁なんて入っていなくても、イチゴやメロンが食べたいんですものね。

 食べさせてやりたい親心と、食べさせたくない親心が交錯し、かき氷を外で食べる時は、いつも複雑な気持ちになります。


にほんブログ村 料理ブログ アレルギー対応食へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。おかげさまで、もうすぐトップ10に入ります。クリツクしていただけると、励みになりますので、よろしければお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 [かわいい] 夏祭りの季節ですね。

連れて行ったのは、いいけれど、食事に制限があったら楽しめなかった・・・[もうやだ~(悲しい顔)] と言うご家庭もあったのではないでしょうか。

食事に制限がある時は、こんな発想で楽しんでみてはいかが?と言う話を、別ブログに載せていますので、良かったら読んでみて下さい。

[黒ハート] こちらから http://yoikomap.seesaa.net/article/125756675.html







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食の安全 ブログトップ